雑になりがちな国内旅行の際に覚えておきたい旅行の注意点

同じ旅行でも海外旅行となると、持っていくものなどいろいろと注意する人は多いでしょう。
しかし国内旅行となると、日本語で会話ができること、不足しているものは移動の途中、コンビニなどですぐに購入できることから、とくに準備をしないで出かけてしまい、いざ旅行先で困った事態になったという経験をした人は多いのではないでしょうか。わたくし原田晃史も何度か経験があります。
自身の体験なども交えて、原田晃史が旅行時の注意点をお教えします。

国内であっても旅行は旅行です。旅先でどんなトラブルがあるか知れないため、その土地のことなど最低限のことはあらかじめ調べておいたり、用意をしておきましょう。
旅行で特に注意しなくてはならないのはいくつかありますが、そのひとつが移動です。公共交通機関を利用する場合は、時間に余裕を持って行動したり、あらかじめチケットを購入するなど用意をしておきましょう。
旅行に行くというのに、移動でつまずいてしまっては、旅行自体がダメになってしまう場合もあります。
公共交通機関といっても、バス、電車、飛行機など、使用する交通機関によって注意点が異なります。
例えば、飛行機の場合は搭乗前に手荷物検査や金属探知機による検査がありますから、出発時の1時間前には空港に着くようにする必要があります。バスや電車の場合、遅延によるトラブルがあります。乗り継ぎをする場合、タイトのスケジュールを組んでしまうと、乗り継ぎに失敗してしまうことがあるため、余裕を持って移動スケジュールを組むことが大事です。
自分で車を運転して移動する場合、何人かいる場合は交互で運転する方法がありますが、そうではなく一人で運転をする場合定期的に休憩を設けるようにしましょう。出発前にガソリンが十分あるかどうかのチェックも大事です。

そして旅行で注意をしなくてはならないもうひとつは天気の確認です。旅行日が天気に恵まれていたならよいのですが、季節によっては台風や低気圧で天気が崩れる場合があるでしょう。
せっかく旅行の計画を立てたのだから、中止するとキャンセル料が発生するといった理由で、旅行を強行してしまう人が多くいますが、今後の天気の予想によっては旅行を延期、または中止することも考えましょう。
近年、世界各地で異常気象といわれる状態になっており、日本でも台風や低気圧によって大きな被害がでている状況です。
無理をしないという判断をすることも旅行には重要なことです。

そのほか、旅行先にあわせた準備をすることが大事です。高山、高原など、平地に比べて気温が低いところに行く場合は、寒さ対策などが必要になりますし、日差しの強い地域に行く場合は、にやけ対策などをしていった方がよいでしょう。
自然豊かな場所に行く場合は、虫対策なども必要です。旅行先にあわせて適切な準備をするようにしましょう。

なお、旅行は移動の分、普段より疲労が大きくなります。中にはせっかくの旅行だからとはめをはずす人も多くいます。しかし旅行中に体調を崩せばそこで旅行が終わってしまったり、一緒に旅行をしている人に迷惑をかけることにもなります。そのため旅行中の体調管理も重要です。

以上、原田晃史でした。
旅行好きなわたくしですが普段は音楽活動もしていますので、もしご興味のある方は下記からご訪問いただけると嬉しいです。

原田晃史 ~official site~ – ペライチ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA